『花園の墓守』 由為(1)

 お久しぶりです。成瀬です。

 

 文章力向上のために、ブログをできる限りつけてみようと決めました。無理はしないで書ける時にまとまりを持って書くことを意識します。

 内容は小説・漫画・アニメ・音楽などの感想や『花園の墓守』で紹介できる限りの設定と、小話などになります。

 よろしければ、たまに寄ってもらえましたら嬉しいです。

 

 

 今日のお題は『花園の墓守』より「由為」(一)です。

 金の髪に青い瞳の王道カラーにパーカーという元気っ子が由為君です。

 彼はもともと、衛さんを基本にしたときに後輩ポジションの主人公になるはずでした。いまの花園の墓守は貴海さんがメイン主人公になってしまったので、扱いが少し変わっています。

 最初の主人公を担ってくれましたが、衛さんを最初の主人公にするよりも遥かに書きやすくしてくれて助かりました。代わりに衛さんが難しい人になってしまいましたが……そこは現在、面談しながら修正中です。

 

 由為君は私にとって、純粋をイメージした子です。

 だからとはいえ、いくら親愛している人だとしても――を―――人(ネタバレ防止)を心配するのはどうかと思うのですが、由為君としてはそこは些細なところでした。ここは普通とずれているところだと思います。

 

 七日ちゃんとの関係はバディなのか、それとも恋愛まで至れるのか。二人ともそのあたりの経験値は少ないので、これからになります。ただ、七日ちゃんは由為君より恋に関しては臆病です。先を知ってはいます。貴海さんとファレンさんという例があるためです。

 

 由為君自身については、また次の機会にお話しします。