好きな動物

 今日はドラえもんの誕生日前日ですね!

 丸っこくてユーモアがある世界で唯一の猫型ロボット。ドラえもんが大好きです。

 

 今日の話題は、私は猫派なのにキャラクターになると犬に惹かれるのはどうしてだろうというものです。

 私は猫か犬かを聞かれたら、ためらいなく猫と答えます。

 ですが、よく買ってしまうグッズはポムポムプリン。一時期はとある携帯会社のCMに出てくる白い犬が好きで、文房具などもらっていました。

 反対に猫はキャラクターで好きなのがあまりいません。強いて言えばポケットモンスターのニャスパーちゃんとニャオニクスちゃんですが、猫とカウントしていいものか。

 

 動物として好きな猫と、キャラクター化すると好きになる犬。

 この二つの違いは何でしょう。

 おそらくですが、フォルムの違いが大きそうです。

 猫はもう遙か昔から変わらないつくりをしています。三角の耳があって、顔があり、しなやかな体がある。そのフォルムが完成されていて好きなのだと思います。

 反対に犬は、犬種によりますが、丸っこいものがあまりいない。基本的に精悍な姿をしています。そこでポムポムプリンのゴールデンレトリーバーとは思いがたいふくふくとした姿に心惹かれるのでしょう。

 

 

 ここまで書いて冒頭に戻ります。

 私はキャラクターとしては、丸々とした優しいものがだいすきなのだなあ、という結論が出ました。

 特にドラえもんは猫とロボットの属性を併せ持つ。ちょっと頼りないけれど、あたたかい庇護者。

 のび太君が大人になっても、おそらく心の中でずっと一緒だと考えると、涙が出てしまいます。